GIS/EIS開発

トップ > プログラム開発 > ランドスケープ・イメージャー

ランドスケープ・イメージャー

ランドスケープ・イメージャーとは

ランドスケープ・イメージャーは、高度な画像合成を誰でも簡単に作成することができます。
複雑な機能はなく、画像の切り抜き・貼り付け・変形などの画像合成に必要な機能だけを揃えています。その分、初心者にも取り掛かりやすく、親しみやすいものとなっています。
本製品は、農林水産省 平成15年度 官民連携新技術研究開発事業による助成を受けて開発されました。

ドラッグ&ドロップで簡単合成

選択範囲をコピーすると、クリップ画像として蓄積されます。クリップ画像をドラッグ&ドロップするだけで合成できます。直感的で、ドロップした後の調整も簡単。レイヤやマスクの知識が無くても、無意識に操作できてしまうほどシンプル。わずか10ステップで景観シミュレーションの画像合成ができてしまいます。

画像合成の質を高めるツール

拡大・縮小・自由変形、繰り返しパターン、影を書き込む機能ぼかし、色変換。決して豊富ではありませんが、全てのツールがパレット上に並んでいるから、左から右へ順番に使って行くだけです。

ホームページ作成支援

景観シミュレーション画像を貼った地図入りのホームページを簡単に制作するためのレポート作成支援ツールが付属しています。

ランドスケープ・イメージャー Ver.2.0
無料でダウンロードできます。

ダウンロードはこちら

 

動作環境

OS
Microsoft Windows XP Professional または Home Edition SP2以降の32bit OS
メモリ
256MB以上
ビデオカード
1024×768以上、1,677万色以上表示
ハードディスク
インストール時 3.5MB、作業環境1GB以上

※ Microsoft および Windows は、米国 Microsoft Corporation の米国、日本およびその他の国における登録商標または商標です。

ランドスケープ・イメージャー展示プログラム

ランドスケープ・イメージャーの展示用ソフトウェアです。
ランドスケープ・イメージャーで作成したクリップ画像をベースとなる背景に貼り付けるだけで、合成画像が作成できます。
本プログラムは、茨城県つくば市にある農林水産省つくばリサーチギャラリーに展示してあります。

開発元・販売元